段ボールで作ったレクサスのクオリティが想像の遥か上過ぎる

「段ボールでレクサスを作ってみた」

この言葉を聞いてどんなものを想像しますか?

僕は、段ボールで作ったなんて言うから「どうせプラモデルみたいな感じかな?」と思ってました。

が、想像の遥かに上でした。

なんと、実際に乗れて運転もできるまるで本物のレクサスのようなクオリティなんです。

これが段ボール製?クオリティが高すぎるレクサス

段ボール製レクサス 内装も段ボール

ハンドルも全て段ボールです。

凄すぎ・・・

外を走る段ボールレクサス

Credit:Lexus UK

実際に走行しています。

さすがに雨の日は厳しそうですが、凄いですね。

実際の動画はこちらです。

どうやって作ったのか?

この段ボール製レクサスですが、一体どのようにして作られたのでしょうか?

およそ1センチの厚さの段ボール1700枚をレーザーで各パーツの形にカットし、一つ一つ組み合わせて作られています。

1700枚の段ボール

暑さが1センチの1700枚の段ボールです。

レーザーでカット

レーザーで各パーツの形にカットしていきます。

段ボールの椅子

椅子だけでも凄いですね。

運転席

運転席も細部までしっかり作られてます。

エンブレム

Credit:Lexus UK

エンブレムもしっかりと。

作っている様子は動画でも見れます。

まとめ

「段ボールで作った」なんて聞くと、ここまでのクオリティはなかなか想像できないと思いますが、良い意味で想像を裏切ってくれましたね。

コストもかなりかかってそうですが、それだけの価値はありそうな段ボールカーです。

hiroki
こういった面白企画大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です