手の震えを軽減させるスプーン「リフトウェア」の技術が凄い!

パーキンソン病をはじめとする原因不明の手の震えに悩まされている人は日本国内にも数百万人はいると言われています。

手の震えがひどいと、食べ物を口に運ぶことも困難になります。

パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson’s disease)は、脳内のドパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候(錐体外路症状)を示す進行性の疾患である。神経変性疾患の一つであり、その中でもアルツハイマー病についで頻度の高い疾患と考えられている[1]。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本疾患と似た症状を来たすものを、原因を問わず総称してパーキンソン症候群と呼ぶ。本症はパーキンソン症候群の一つであるということもできる。

中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合も増える。主な症状は安静時の振戦(手足のふるえ)、筋強剛(手足の曲げ伸ばしが固くなる)、無動・動作緩慢などの運動症状だが、様々な全身症状・精神症状も合併する。進行性の病気だが症状の進み具合は通常遅いため、いつ始まったのか本人も気づかないことが多く、また経過も長い。

引用元:wikipedia

そんな手の震えを「スプーンが自動的に軽減してくれる」という画期的な商品が誕生しました。

これによって手の震えに悩んでいる人が「もう一度食べることを楽しむ」ことができるようになります。

手の震えをセンサーがキャッチし70%以上軽減する

70%以上の振動を軽減

リフトウェアを使うだけで手の震えを70%以上も軽減してくれるため、食べ物を口に運ぶことも困難ではなくなります。

仕組みはグリップの内部に手の震えを検知するセンサーが内蔵されているだけでなく、「意図する手の動き」と「不要な手の震え」を識別できるコンピューターが内蔵されていることで、より自然に震えを軽減することを実現しています。

検出された不要な手の震えと逆方向にアタッチメントが自動で動くようになっているようです。

どこにでも持ち運びが可能

大きさもそれほどかさばらない大きさですし、一度充電しておけば外に持ち運びすることも可能です。

「もう一度食べることを楽しもう」という商品コンセプト通り、これがあれば外での外食も問題なくできそうです。

以下、実際にリフトウェアを使用している動画です。

かなり手の震えが軽減されているのがわかります。

まとめ

本当に凄い技術ですよね。

ちなみにこの商品はリフトウェア特設サイトで購入可能です。

価格は47,520円(税込)です。

hiroki
技術の進歩は凄い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です