どのビジネスをするかはあなたの人生において極めて重要な選択である

人生は時に「重要な選択」をすることがあります。

「どの学校に行くか?」

「誰と結婚するのか?」

「どんなビジネスをするのか?」

などなど、あらゆる場面で人生そのものを決めかねない重要な選択をすることがあります。

そんな中で進学や結婚といったことは多くの人がその重要性を理解している一方で、「どんなビジネスをするのか」ということに対してはあまり重要性を感じていない人も多く見受けられます。

「どんなビジネスをするのか」はあなたの人生において極めて重要な選択となる

ここをあまり考えていないとどんなことが起こるのかというと・・・

「手取りで25万あるからよくわからない仕事だけどあの会社に就職しよう」

「なんとなく就職できればどこでもいいや」

みたいな考えで人生において極めて重要となる「仕事」を選択してしまうことになります。

仕事は人生において多くの時間を費やすものです。

仮に1日8時間働くとしたら、人生の1/3は睡眠時間だとすると、起きている時間の半分は仕事をする時間になるわけです。

そして、そんな生活が一生続くことになります。

更にその選んだ仕事によって収入も大きく変わり、お金によって行動できる選択肢も大きく変わってきます。

「どんなビジネスをするか」は人生において極めて重要な選択となるのがわかると思います。

どんなビジネスを選択すればいいのか

どんなビジネスを選択すればいいのか

それでは極めて重要となるビジネスの選択を一体どのようにしていけばいいのでしょうか?

ビジネスを選択する上で重要になるポイントは2つあります。

  • それをしている時間が楽しい
  • 納得のいく収入が得られる

この二つを満たすことができるビジネス以外は基本的にするべきではありません。

これは絶対に妥協してはいけない部分です。

しかし、多くの人は「ビジネスの選択」という部分においてそれほど重要性を感じておらず、適当にビジネスを選択してしまいます。

すると「仕事も楽しくないし、収入も少ない」みたいなことになってしまうわけです。

「仕事が楽しくて、納得のいく収入が得られるものなんてそうそうあるわけない」

・・・なんて思ってしまった場合は残念ながら「思考停止状態」になっている可能性が高いです。

何も考えずに思考停止状態で数年を過ごすと、視野が恐ろしく狭くなります。

まるで「世の中で収入を得る方法は今勤めている会社しかない」と思うくらい狭い視野になってしまいます。

そうなると、「仕事が楽しくて、収入も満足するものなんてあるわけない」という発想がでてきてしまうわけです。

世の中には数百万という企業が存在し、少なくともその企業の数だけビジネスの種類は存在します。

ゲームだってアニメだってスポーツだって音楽だって料理だって何だってビジネスになってます。

そうなった時に「収入を得る方法は世の中にこれしかない」なんていう考え方がいかに狭い視野なのかわかりますよね。

世の中に数百万、数千万と存在するビジネスの中には一つくらい自分が興味のある物が必ずあるはずです。

フロー状態になるものは何か?

自分が子供の頃から好きなことや、ついつい夢中になると時間が立つのを忘れてしまうようなことはありませんか?

本当に好きなことは夢中になるあまりに努力をしている感覚すらなくなります。

絵を描くのが大好きでひたすら毎日徹夜で絵を描いたり、楽器が大好きで毎日ひたすら練習したり・・・

他の人から見たら「毎日大変そうだね」なんて思うようなことも、本人からしたら「何が?」っていう感じなわけです。

このように夢中になる状態を「フロー状態」というのですが、このようなフロー状態になるようなことをビジネスに繋げるべきです。

今は好きなことを仕事にできる時代

このように自分が夢中になれることがあったとしても多くの人は「それを仕事にすることはできない」と悲観的な考えが先行します。

確かに、いくら絵が上手でも画家やマンガ家として食べていける人は一握りですし、いくら楽器が好きでもプロのミュージシャンとして食べていける人は一握りです。

その事実は間違いありません。

しかし、抽象度を上げて俯瞰して考えれば「実は好きなことはあらゆる物事に繋がっている」ことに気がつくはずです。

絵が上手な人は画家やマンガ家しか選択肢がないのでしょうか?

楽器が好きな人はプロミュージシャンしか選択肢がないのでしょうか?

いずれもそんなことはないですよね。

例えば、絵というものを「一つ上から」見てみると、実はあらゆる物の中に絵が存在しているのが見えてきます。

商品のパッケージに絵が使われてたり、ホームページに絵が使われてたり、広告に絵が使われてたり、YouTubeの動画に絵が使われてたり、洋服のデザインに絵が使われてたり、LINEスタンプに絵が使われてたり、絵画教室で絵が使われてたり、名刺に絵が使われてたり・・・

いくらでも絵が使われるシーンはあります。

そしてこれらは全てビジネスになります。

大好きな絵をビジネスに繋げることはアイデア次第でいくらでも可能なのです。

自分の好きなことを「抽象度を上げて見る」ということがビジネスに繋げる為にはとても大切になります。

まとめ

人生において極めて重要な選択となるのがビジネスの選択です。

ここを妥協したり、何も考えないのは自分の人生を棒に振ってしまうのと同じくらいもったいないことです。

どうせ仕事をするならやってて楽しいことをするべきです。

「自分にはどうせ無理」なんていう根拠の無いマインドブロックは取っ払って、妥協せずに好きなことをやりましょう。

hiroki
人生一度きり!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です