岡崎慎司選手の名言に学ぶ「決して諦めない強い心を持つ方法」

どうも、hirokiです。

日本歴代No.1フォワードと言っても過言ではない岡崎慎司選手ですが、岡崎選手と言えば泥臭く、ひたむきで、球際でも決して諦めないプレーがとても印象的です。

岡崎選手が前線で走り回っているだけでチーム全体の士気が上がるような気さえするほど、がむしゃらにボールを追いかけ続けます。

そんな岡崎選手の「決して諦めない強い心」というのは一体どのような考え方から生まれているのでしょうか?

岡崎選手の名言を紹介しながらお話していきたいと思います。

「ボールは追いかけている奴にだけ転がってくる」

ニアサイドに飛び込んで、ダイビングヘッド! 泥臭くても、カッコ悪くてもいいから、死にものぐるいでゴールを目指します。ボールは、追いかけてるヤツにだけ転がってくる―。僕はそう信じていますから。

引用元:現代ビジネス

「ボールは追いかけているヤツにだけ転がってくる」

なんかこの言葉ってあらゆる物事に共通する真理な気がします。

確かに、岡崎選手は「気がつくと常にボールがある所にいる」という印象が強いです。

他にも偶然ボールがリフレクションした所にもよくいる印象があります。

90分間ひたむきにボールを追いかけていれば必ずそういった「偶然でもボールが転がってくるシーン」というのはあります。

諦めずにひたすらボールを追いかける背景には岡崎選手の「ボールは追いかけているヤツにだけ転がってくる」という信念があるのかもしれません。

ボールを追いかける=チャレンジをする

僕はこの「ボールを追いかける」というのは「あらゆる物事にチャレンジすること」と同じだと思います。

つまり、言い換えるなら「何かにチャレンジした奴にだけチャンスは転がってくる」ということです。

何もチャレンジすることなく日常を過ごしていては決してチャンスは転がってきません。

しかし、常にチャレンジをし続けていれば必ずチャンスというボールが転がってくるのではないでしょうか。

絶対にボールは自分の元に転がってくると信じて、何度もチャレンジしていく気持ちこそが絶対に諦めない強い心作りだしているような気がします。

「自分がうまいと思ったことは一度もないんで、練習するしかないんです。」

僕はサッカー、ヘタなんで。自分がうまいと思ったことは一度もないんで、練習するしかないんです。ただ、どんなに高く見える壁でも、乗り越えられない壁はない。もし、僕に一つだけ才能があるとしたら、それは、何があっても絶対にあきらめないという才能だと思っています。

引用元:現代ビジネス

もちろん世界には上には上がいます。

岡崎選手よりも結果を出している選手は世界を見渡せばたくさんいます。

しかし、日本人としては間違いなくトップクラスの選手ですし、ブンデス、プレミアリーグで主力級の活躍をしてきている選手です。

その選手が「僕はサッカーがヘタ」なんて言っているわけです。

結構この考え方を持つのって難しいことだと思うんですよね。

特に一流になればなるほど普通は「自分は優れている」と思ってしまいますよね。

でも、岡崎選手はどこまでいっても「自分はヘタ」だと認識しているからこそ、ひたむきに練習を積み重ねることができたのではないでしょうか。

そのひたむきな練習の積み重ねが結果的には高い壁をも乗り越えてしまう要因になったのだと思います。

どんな物事でもそうですが、「自分は優れている」と思った瞬間から努力を怠ってしまいがちです。

「自分は他の人よりも優れているから練習は軽めでいい」とか「自分は他の人よりも優れているからやる必要はない」なんていう考え方だと間違いなく衰退していってしまいます。

どこまでいってもひたむきに練習をして、ひたむきなプレーをする岡崎選手の考え方のベースには「自分はヘタだから練習するしかない」というものがあるのではないでしょうか。

「負けないためには練習するしかないし、練習すればうまくなる。」

誰にも負けたくないんで(笑)。負けないためには練習するしかないし、練習すればうまくなる。ずっとその繰り返しです。世界一にならない限り、自分自身に勝ったことにはならないんで、あきらめずに挑戦し続けます。

引用元:現代ビジネス

岡崎選手の根底には「今は勝てなくても練習すれば必ず上手くなって必ず相手に勝てる」という信念があるように感じます。

どんな強敵でも練習さえしっかりやれば勝てるという考え方があるからこそ、ひたむきな練習が積み重ねられるのです。

「外国の選手はみんな持って生まれたフィジカルも強いし、練習しても勝てるわけない」みたいな考えでは練習する気なんておきないですよね。

「練習さえすればどんな相手にも絶対に勝てる」ということを1ミクロンも疑わずに、ひたすら勝つことだけを考えて練習をしているのです。

絶対に諦めない強い心の根底には「練習さえすればどんな相手にも絶対に勝てる」という信念があるわけですね。

「夢を追いかけて、しぶとく生きていくのが、僕は大好きなんです。」

夢を追いかけて、しぶとく生きていくのが、僕は大好きなんです。小さな課題や目標をクリアしながら、夢へ近づいていく。簡単に手にすることができないからこそ、夢というのは、大きな価値があるんです。

引用元:夢インタビュー

岡崎選手のエネルギッシュさの源には「常に全力で夢を追いかけ続ける姿勢」にあるような気がします。

常に向上心を持って、あきらめずに、ひたむきに夢を全力で追いかけ続ける姿勢こそが、プレースタイルにもでているような気がします。

岡崎選手はいつも一人だけユニフォームをどろんこにしていますよね。

それだけ激しく、ひたむきに、体を投げ出してプレーをしているというのをユニフォームの汚れが物語っています。

僕もサッカーをやっていたのですが、試合が終わった後にユニフォームがどろんこになっている選手ってなんかカッコイイんですよ。

それだけ必死にがむしゃらにやってたんだな~って思うんです。

ちなみに僕は全然ユニフォームは汚れないタイプだったので余計にカッコよく見えるんですよね・・・

岡崎選手のように、ユニフォームをどろんこにしながらでも、ひたむきに、諦めずに、強い心を持って、日々を過ごしていきたいですね。

hiroki
どんな分野でも練習をすれば絶対に上手くなる!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    hiroki

    月間20万PVのメディアを運営したりなんやかんやしたりしてます。サッカーと音楽とトイプードルが好き。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」など