【保存版】持ってるとカッコイイおすすめギターブランド16選

こんにちは、hirokiです。

ギターを販売しているメーカーは国内、海外問わずたくさんありますよね。

たくさんあるのはいいことなのですが、たくさんありすぎていざギターを購入しようとした際に「そもそもどんなブランドがあるのかわからない」とか「どのブランドを選べばいいのかわからない」なんて感じたことがある人もいるのではないかと思います。

そこで、数あるブランドの中から「持ってるとカッコイイ」と思うおすすめのギターブランドを16種類を厳選致しました。それぞれのメーカーの特徴、代表的なモデルと価格の目安、主な使用アーティストなども織り交ぜつつ紹介していきますので、是非ギター選びの参考にしてみて下さい。

海外ブランド10選

1.GIBSON(ギブソン)

1902年創業のアメリカのブランドです。ハムバッキングピックアップの導入など革新的なギターを世に送り出してきました。使用しているアーティストも非常に多くFenderと並んで2大ギターブランドと言われるなど、世界で最も有名なギターブランドの一つです。

代表的なモデル

GIBSON レスポール

GIBSON レスポール

ギブソンといえば何と言ってもレスポールが有名です。パワフルで中域~低音あたりの音がしっかりしているので、ロックだけでなくブルーズやジャズなどでも使われます。「ギターと言えばこの形」って感じで、何と言っても見た目がカッコイイです。とりあえずギターを弾く人間であれば1本は必ず持っておきたいです。

価格の目安:300,000円前後

主な使用アーティスト

ジミーペイジ

ジミーペイジ(レッド・ツェッペリン)

スラッシュ

スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズ)

平沢 唯(けいおん!)

平沢 唯(けいおん!)

2.Fender(フェンダー)

1946年創業のアメリカのブランドです。ロック、カントリー&ウェスタン、ジャズ、R&Bなど、ほぼすべての音楽ジャンルにおいて幅広く使われています。また、ギターだけでなくアンプも非常に有名です。GIBSONと並んで世界2大ギターブランドと言われることもあります。

代表的なモデル

ストラトキャスター

ストラトキャスター

フェンダーといえばストラトキャスターが有名です。シングルコイルピックアップが3つ搭載さていてシャキシャキとした軽やかな音が特徴的です。またボディはダブルカッタウェイになっているのでハイポジションでも弾きやすいです。他にもトレモロシステムも搭載されていてアーミングも可能です。ギブソンのレスポールはパワフルさ重視だったのに対してて、ストラトキャスターはどちらかというとテクニカルなギターと言えるかもしれません。

価格の目安:300,000円前後

主な使用アーティスト

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックス

エリック・クラプトン

エリック・クラプトン

ジェフ・ベック

ジェフ・ベック

3.Rickenbacker(リッケンバッカー)

1931年にアメリカロサンゼルスで創業されたブランドです。1960年代にビートルズが愛用したことで一気に世界中に広まりました。個性溢れる特徴的なサウンドと高級感のあるデザインで多くのギタリストを虜にしているギターブランドです。

代表的なモデル

330シリーズ

330シリーズ

セミアコタイプなので非常に温かみのあるマイルドな音がでます。ボリュームとトーンの調整つまみが2つずつあるのに加え、「フィフスコントロール」という5つ目のつまみがついています。このフィフスコントロールではフロントピックアップにかかるブーストの調整ができます。また、指板にもしっかりと塗装がされているのでデザインに統一感がでているのも大きな特徴です。あとは何と言っても「R」のロゴが入ったシルバーのテールピースがカッコイイです。

価格の目安:300,000円前後

主な使用アーティスト

ジョンレノン

ジョンレノン(The Beatles)

ジョージハリスン

ジョージハリスン(The Beatles)

ピートタウンゼント

ピートタウンゼント(The WHO)

4.Gretsch(グレッチ)

1883年にアメリカのニューヨークで創業されたブランドです。非常にゴージャスで美しい曲線を描くデザインのギターが特徴的です。レトロなサウンドはロックンロールだけでなくカントリーやロカビリーにもぴったりです。

代表的なモデル

ホワイトファルコン

ホワイトファルコン

代表的なモデルはルックスの美しさで世界中のギタリストを魅了したホワイトファルコンです。何はともあれ見た目がゴージャスでカッコイイですよね。グレッチの代表的なピックアップである「フィルタートロン」によってクリーンサウンドやクランチサウンドをとてもパワフルに奏でます。ペグ、ピックガード、テールピースなどが高級感のあるゴールドになっていて、ボディのホワイトとのバランスがとても美しいです。

価格の目安:400,000円前後

主な使用アーティスト

ブライアン・セッツァー

ブライアン・セッツァー

ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスン(The Beatles)

横山健

横山健

5.Paul Reed Smith(ポールリードスミス)

1985年にアメリカで創業されたブランドです。「PRS」と約して呼ばれることもあります。創業者のポールリードスミスは元ギブソン社長のテッド・マッカーティーから12年に亘って指導を受け、ギブソンの良い所を受け継ぎつつも、独自のギター作りをしてきました。非常に精度の高い組み込み製法に木目を活かした美しいデザインは多くのギタリストを魅了しています。

代表的なモデル

ポールリードスミス カスタム24

カスタム24

代表的なモデルはカスタムシリーズです。何と言っても目を引くのはキルテッドメイプルやフレイムメイプルの木目を活かした美しいボディです。木目が美しく高級感がありますよね。さらに中空ボディで、トップ板が緩い弧を描いている形状の「アーチトップ」を採用していて音の反響効率がいいのも特徴です。また、この美しい木目を活かす為にあえてピックガードをつけないほど、デザインにはこだわり抜いています。ピックアップはハムバッカーでギブソンのレスポールのようなパワフルさを備えつつも、ボディはダブルカッタウェイでフェンダーのストラトのようなハイポジションの弾きやすさも実現しています。

価格の目安:500,000円前後

主な使用アーティスト

カルロス・サンタナ

カルロス・サンタナ(Santana)

アレックス・ライフソン

アレックス・ライフソン(RUSH)

マキシマムザ亮くん

マキシマムザ亮君(マキシマムザホルモン)

6.James Tyler(ジェームス・タイラー)

創業者であるジェームス・タイラーは1987年にLA Guitar Showでジェームス・タイラーブランドとして第一作目となるギターの「スタジオエリート」が発表されました。弾きやすさを究極まで追求したその作りに多くのスタジオミュージシャン達も愛用しているハイエンドなブランドです。

代表的なモデル

スタジオ・エリート

スタジオ・エリート

代表的なモデルは「スタジオ・エリート」です。ルックスはストラトっぽいですね。ピックアップにはオリジナルの「マキシマム・トーン」を搭載しています。このピックアップを活かす為のピックアップセレクターは5段階の調整ができる為非常に幅広い音を出すことができます。またミッドブースターも標準搭載されているのでパワフルなサウンドもしっかり出すことができます。とにかく弾きやすさを重視しつつも、サウンドにも抜かりの無いハイエンドギターです。

価格の目安:900,000円前後

主な使用アーティスト

スティーブ・ルカサー

スティーブ・ルカサー

マイケル・ランドウ

マイケル・ランドウ

Wayne Krantz

Wayne Krantz

7.Suhr(サー)

1997年アメリカでフェンダー・カスタム・ショップのシニア・マスタービルダーとして活躍していたジョン・サーがフェンダーのエンジニアで同僚であったスティーブ・スミスと共に設立したブランドです。立ち上げ当初はオーダーのみでしたが、現在は固定シリーズも販売しています。フェンダーで培われた技術を活かしつつ、ジョン・サー独自の洗練されたギターは多くのギタリスト達を魅了しています。

代表的なモデル

standard-pro

スタンダード・プロ

全世界からの数万にも及ぶカスタムオーダーをビッグデータとして活用し誕生したモデルです。やはりストラトっぽいですね。数多くのカスタムオーダーから「いいとこ取り」をしている為多くのギタリストにとって弾きやすいギターになっています。徹底的に木材にもこだわっていてネックの反りが非常に少ないことでも知られています。指板は「コンパウンドラディアス」というローポジションとハイポジションでネックの丸みの大きさを変える技術が使われています。その為ローポジションもハイポジションも非常に弾きやすくなっているのが特徴です。コントロールはマスターボリューム、マスタートーン、ピックアップセレクターの3つのみと非常にシンプルです。

価格の目安:500,000円前後

主な使用アーティスト

スコット・ヘンダーソン

スコット・ヘンダーソン

レブ・ビーチ

レブ・ビーチ

マイケル・ランドウ

マイケル・ランドウ

8.Tom Anderson(トム・アンダーソン)

もともとシェクターでギタービルダーとして働いていたトムアンダーソンが1984年に独立して設立したブランドです。主にカスタムオーダーを中心に受注を受けていたハイエンドなブランドです。バリエーション豊富なサウンドに、細部まで徹底してこだわったギター作りがアメリカのスタジオミュージシャンを中心に多くのアーティストに支持されてきました。日本に入荷される数もそれほど多くないのでレアなモデルも多くあります。

代表的なモデル

Sファミリー クラシック

Sファミリー クラシック

Sファミリーの「S」はストラトキャスターのSです。なのでデザインはストラトを基調にしているのがわかると思います。ピックアップはヴィンテージモダンなハムバッカーとシングルを搭載しローからハイまでスムーズに奏でます。バズ・フェイトン・チューニング・システムを搭載しているので、通常のチューニングよりも正確なチューニングが可能です。レコーディングでもライブでも使える非常に優れたギターです。

価格の目安:700,000円前後

主な使用アーティスト

キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)

キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)

リッチー・サンボラ(ボン・ジョヴィ)

リッチー・サンボラ(ボン・ジョヴィ)

ニール・ショーン (ジャーニー)

ニール・ショーン (ジャーニー)

9.MUSICMAN(ミュージックマン)

Ernie Ball Music Man

1972年にアメリカで創業されたブランドです。フェンダーの創業者でもあったレオ・フェンダーやフェンダーのアンプの設計者であったトム・ウォーカーといったフェンダーの関係者によって立ち上げられました。1965年にフェンダー社を売却したレオ・フェンダーでしたが、やはり「技術者として新製品を開発したい」という気持ちが強くなり再度ギターブランドを立ち上げました。フェンダーの創業者だけに「元祖フェンダーイズム」とでも言いますか、フェンダーの良い所をしっかり活かしつつも独自の新しいギターを提案しているブランドです。

代表的なモデル

シルエット

シルエット

元々フェンダーの創業者だったこともあり、もっとストラトっぽい形にしてくるのかと思いきや比較的独創的なデザインのギターとなっています。「サイレントサーキット」というノイズを除去する独自の回路を使用し、シングルコイル特有のノイズが少ないギターです。ピックアップはハムバッキング、シングル、ハムバッキングの3つでパワフルなサウンドを奏でます。24フレットですが非常にコンパクトで手の小さいプレイヤーでも弾きやすいようにネックの形は精密に設計されています。

価格の目安:300,000円

主な使用アーティスト

エドワード・ヴァン・ヘイレン

エドワード・ヴァン・ヘイレン

ジョン・ペトルーシ

ジョン・ペトルーシ(Dream Theater)

スティーヴ・モーズ

スティーヴ・モーズ

10.Mosrite(モズライト)

元々は1950年代前半に元リッケンバッカーの社員であったセミー・モズレーによってアメリカで創設されたブランドです。モズライト社が不況の煽りで倒産後は3つの会社がモズライトの主権を争っています。60年代のサーフサウンドといえばモズライトで、ザ・ベンチャーズが愛用していたことでも有名です。他のブランドにはないちょっとレトロなデザインとサウンドが今の時代には逆に新鮮です。

代表的なモデル

63年モデル

63年モデル

ザ・ベンチャーズも愛用した63年モデルはかなり独特なギターです。ボディはダブルカッタウェイなのですが、ストラトなどとは違い下側が前に出ています。更にヘッドはモズライトのMを示すようにMの形に削られています。フロントピックアップは斜めに設置されているのもモズライトの大きな特徴です。また、今では非常に珍しいゼロフレットを採用していて、開放弦を鳴らした時もフレットを押さえた時と変わらない音色を出すことができます。他とはちょっと違うオリジナリティのあるギターです。

価格の目安:400,000円

主な使用アーティスト

The Ventures

The Ventures

ジョニー・ラモーン

ジョニー・ラモーン(ラモーンズ)

寺内タケシ

寺内タケシ

国内ブランド6選

1.ESP(イーエスピー)

日本楽器製造(現ヤマハ)を経て、フジゲンでグレコの設計を担当していた椎野秀聰が、元フェルナンデス常務取締役であった渋谷尚武とMOON創業者であるMoony K Omoteらと共に1975年に創業したブランドです。ドラえもんやガンダムとのコラボギターを制作するなどあらゆる独創的なギターを作り続けているブランドです。ESPは「ナビゲーター」「エドワーズ」「LTD」などといったブランドも傘下に抱えています。

代表的なモデル

HORIZON

HORIZON

ESPのフラッグシップモデルであるHORIZONの中でも更に希少な木材を使用しているのがHORIZON-CTMです。ネックからボディまでが1本の木になっているスルーネック構造を採用することでボディとネックの結合部分を無くしハイポジションでも弾きやすく、かつ非常に安定したネックになっています。音の伝達ロスもなく音の伝導効率も抜群です。木材はメイプルトップ、マホガニーバック構造で、ピックアップにはセイモアダンカン社製のハムバッカーを2つ搭載し、ベーシックかつ重厚感あるサウンドを奏でます。

価格の目安:600,000円

主な使用アーティスト

ジェイムズ・ヘットフィールド

ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)

ジェフ・ハンネマン

ジェフ・ハンネマン(スレイヤー)

SUGIZO

SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)

2.YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA

YAMAHA

楽器や音響機器だけでなく半導体やスポーツ用品、自動車部品製造の発売まで手がける日本の大手メーカーです。元々は1897年に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足した歴史のあるブランドです。楽器事業で言えば国内トップのブランドで、更にピアノに関しては生産量で世界シェアNo.1の実績を誇ります。もちろんギターにおいても非常にクオリティが高く、様々な楽器製造で培われたノウハウを活かせるのも大きな強みです。

代表的なモデル

SG

SG

YAMAHAと言えばSGが有名です。SGは「ソリッドギター」の略称です。ボディは上下対称のダブルカッタウェイです。バランスの良いハムバッカーサウンドを実現するセイモアダンカン社製のピックアップを2つ搭載しボディはメイプルトップ、マホガニーバック構造なのでオーソドックスでいながらパワフルなサウンドを奏でます。洗練されたデザインと音作りはさすがYAMAHAといった所です。

価格の目安:300,000円前後

主な使用アーティスト

ボブ・マーリー

ボブ・マーリー

カルロス・サンタナ

カルロス・サンタナ

ジョン・フルシアンテ

ジョン・フルシアンテ(元レッドホットチリペッパーズ)

3.Sugi(スギ)

元々はフジゲンの職人としてギターを作っていた杉本眞によって2002年に設立されたハイエンドなブランドです。非常に丁寧かつ質の高いギターは国内だけでなく海外からも高い評価を得ています。希少なウッドマテリアルを使用した美しいデザイン、モデルごとに合わせたピックアップ、幅広いジャンルに対応できるサウンドは多くのギタリストを魅了します。

代表的なモデル

DS

DS

ボディはメイプルトップのマホガニーバックで、美しい上質な木材のみを厳選して使用しています。この辺りは大量生産ではできないsugiならではのこだわりと言えます。ピックアップはハムバッカーが2つ搭載されパワフルかつ重厚なサウンドを奏でます。デザイン面、サウンド、どれをとっても非常に高いクラフトマンシップを感じるハイエンドなギターです。

価格の目安:400,000円前後

主な使用アーティスト

Rocket Ritchotte

Rocket Ritchotte

谷川史郎

谷川史郎

SHINPEI

SHINPEI

4.Fujigen(フジゲン)

1960年に設立された富士弦楽器製造株式会社が1989年に「フジゲン」に社名を変更しました。創業当初は主にクラシックギターを中心に制作していましたがその後エレキギター制作にも着手していきました。また、楽器製造業務の他にも主にトヨタ自動車向けのウッドインパネ等の木製内装材を製作もしています。高品質なギターを作り続ける歴史のある国内ブランドです。

代表的なモデル

FLAME

FLAME

レスポールのようなデザインが特徴のギターです。サークルフレッティングシステムを採用しクリアで立ち上がりのいいサウンドを実現しています。また、従来のギターに比べてネックをボディに約1ミリ深くセットすることで弦高を無理に下げることなく弦とボディトップとの距離を短縮させています。弾きやすさとサウンドを両立した高品質なギターです。

価格の目安:200,000円

主な使用アーティスト

kazuki

kazuki(Crossfaith)

10-feet

TAKUMA(10-feet)

KAZYA

KAZYA(175R)

5.Greco(グレコ)

1960年に設立された神田商会の楽器関連プライベートブランドです。60年代から70年代はコピーモデルの生産をしていましたが、それ以降はオリジナルブランドのギターを生産していくようになりまいした。2005年には高級ギターメーカーのゼマティスと正規ライセンス契約をし高品質でスタイリッシュなギターを作り続けています。

代表的なモデル

bg_1400

BG

1979年にデビューしたオリジナルギターです。少し大きめのボディに特徴的なピックガードが印象的です。ヘッドはリバースヘッドになっていてペグの位置を下に配置することでチョーキングをしやすいテンションを実現しています。そして何と言っても特徴的なのはピックアップです。一見するとシングルが3つのように見えますが、実はシングル1つに離れたコイルをもつハムバッカー1つという設定になっています。このような特徴的な配置にした理由としてブリッジ側でピッキングをする際に通常のハムバッカーだとピックがハムバッカーにあたって弾きにくいというギタリストの要望に応えたことが始まりです。ハムバッカーのパワフルなサウンドと弾きやすさを考慮した洗練されたギターです。

価格の目安:100,000円

主な使用アーティスト

真島昌利(元THE BLUE HEARTS)

真島昌利(元THE BLUE HEARTS)

中山加奈子(プリンセス・プリンセス)

中山加奈子(プリンセス・プリンセス)

ローリー

ローリー

6.Ibanez(アイバニーズ)

Ibanez

Ibanez

元々は1908年に星野書店の楽器部として創業されたブランドです。実際に弦楽器を作り始めたのは1935年ごろで、1962年にギターやベースの輸出用ブランドとしてアイバニーズが誕生しました。事実上世界初の市販化となった7弦ギターやエクストラロングスケールのギターなど、先進的な製品を発売し続けているブランドです。

代表的なモデル

RG

RG

Ibanezの代名詞とも言えるのがRGシリーズです。スピーディーでテクニカルなプレイに対応したモデルです。3つのピックアップによってクリアなサウンドから高音域から低音域までバランスのいい出力でパワフルなサウンドを実現しています。主にメタル系のアーティストに好まれて使われることが多いです。

価格の目安:300,000円

主な使用アーティスト

ポール・スタンレー

ポール・スタンレー(KISS)

ポール・ギルバート

ポール・ギルバート(Mr.BIG)

マーティーフリードマン

マーティーフリードマン


限定コンテンツ

『ブログで月1万円を稼ぐ8つの具体的な方法』

無料プレゼント!

ブログを使ってまずはノーリスクで月1万円稼いでみませんか?ブログを使った8つのビジネスモデルについて詳しく解説します。



ブログ運営相談承ってます!

セミナー写真

  • ブログで集客をしたい
  • ブログで副収入を得たい
  • 記事の書き方や運営ノウハウが知りたい
  • アクセス数をもっと増やしたい
  • 何もわからないけどブログを始めてみたい

等、ブログ運営に関するご相談を承っています。是非お気軽にご相談下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hiroki

Hi-value creation代表。月間20万PVのメディアを運営中。ブログを使ってビジネスをしたい方に向けてブログ運営のサポートもしている。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」などがある。サッカーと音楽とトイプードルが好き。

⇒詳しいプロフィール