デジタルマーケティングにブログを使うべき10の理由

どうも、hirokiです。

近年ではスマホの普及により益々インターネットというものが身近な存在になりました。

そういった背景もあり、より一層デジタルマーケティングに対する注目度が高まっています。

デジタルマーケティングとは「WEB上のあらゆるメディアを使って製品やブランドをプロモーションする」という意味ですが、今の時代はどんなビジネスにおいてもデジタルマーケティングを攻略していくことは必須とも言えます。

そしてそんなデジタルマーケティングの中でも「特にブログ」を使うべき理由というのがあります。

今回は「デジタルマーケティングにブログを使うべき10の理由」について解説していきます。

おすすめ記事

ブログを月間10万PVまでアクセスアップさせる為の全手法
こんにちは、hirokiです。 せっかくブログを運営していくのであれば、できるだけたくさんのアクセス数を獲得していきたいと思う方も多...
WordPressでブログサイトを作成する方法と使い方まとめ
こんにちは、hirokiです。 WordPressを使って本格的にブログを作ってみたいけど、いまいち作り方がわからないという方も多いと思います...

デジタルマーケティングとは

デジタル・マーケティングとは電子メディアを通じて製品やブランドのプロモーションを行うことです。

最も一般的なチャネルはインターネットですが、その他にも携帯電話のメールやインスタント・メッセージ、スマートフォンやタブレットのモバイルアプリ、ポッドキャスト、電子看板、デジタルテレビ、デジタルラジオなど多種多様です。

デジタル・マーケティングが従来のマーケティングと異なる点は、さまざまなチャネルや手法を用いてマーケティング・キャンペーンを分析し、リアルタイムでその有効性を把握できることです。

デジタル・マーケティングの担当者はコンテンツの閲覧の有無や、閲覧頻度、閲覧時間、コンバージョン率、コンテンツ毎の反応を常に確認できるのです。

引用元:SAS

デジタルマーケティングとは、メール、アプリ、ポッドキャスト、動画などあらゆるデジタルメディアを活用してマーケティングをしていくことです。

僕自身も、ブログだけでなくSNSも使いますし、メールも使いますし、ポッドキャストやYouTubeなんかも使っています。

時代の流れに合ったあらゆるメディアを使っていくことは大前提として必要ですが、その上で特に使用をおすすめするのが「ブログ」なんです。

たくさんあるメディアの中でなぜブログの使用を特におすすめするのか?

その理由を解説していきます。

1.ブログがWEB上の”母艦”となる

常にその時の時流に乗った最新のメディアを使うのはマーケティング上必須です。

例えば、Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなど、流行っているメディアがあるのであればマーケティングには間違いなく使うべきです。

その上でWEB上の「母艦」として、自分独自のブログを用意しておくことが大切です。

以下のようなイメージです。

母艦となるブログメディア

このように、母艦となるブログを中心にTwitterやFacebookなど様々なメディアを活用していきます。

ブログを”母艦”にする理由

ブログを母艦にすべき最大の理由は「リスクヘッジ」という考え方です。

ブログというのは自分でドメインを取得し、自分独自のメディアとして自由に運営ができるものです。

運営主体が自分にあり、自分で管理し続ける限り一生メディアを育て続けることが可能です。

対して、TwitterやFacebookといったその他のメディアは運営主体が自分にはありません。

極端な話、TwitterやFacebookが「本日をもってサービスの提供を終了します」って言ったらそれで終わりなんです。

そうなったら、せっかくtwitterのアカウントを育ててもまた0から別のメディアを育てていかなくてはなりません。

「5年後にはもしかしたら別のSNSが流行っていて、Twitterを使っている人はほとんどいない」なんていうことも可能性としてはあるわけです。

それはFacebookでもYouTubeでもインスタグラムでも同様です。

「twitterだけ」とか「facebookだけ」でマーケティングをしていると、いざそのサービスが流行らなくなって使う人がいなくなった時に共倒れしてしまうんです。

しかし、ブログを母艦としておけば仮にtwitterが潰れても本体が潰れることはありません。

常に母艦が残っているので、何か一つのメディアが潰れてもまた別のメディアに舵を切れるんです。

自分が主体となって管理できるブログメディアを常に持った状態で、その他の流行りのあるメディアを使っていくことはとても合理的なリスクヘッジと言えます。

2.資産になる

ブログのコンテンツはその全てが資産になるという特徴を持っています。

FacebookやTwitterなどの投稿はタイムライン上でどんどん新しい情報に流されていきますが、ブログのコンテンツはストックされて、何ヶ月、何年たっても見られるコンテンツとなります。

コンテンツの資産化

ブログのコンテンツはどんどん蓄積されていくので、価値のあるコンテンツを増やせば増やすほどブログの資産価値が上がっていきます。

積み上げ式に増えていくので、コンテンツが流れていってしまうSNSのタイムラインとは資産価値が大きく異なるのです。

例えば、コンテンツが流れていってしまうSNSに100回投稿するのと、コンテンツが蓄積されるブログに100記事を投稿するのでは、結果的に資産価値は大きく異なるのは誰でもわかりますよね。

そんなことを数ヶ月、数年と続けていけば将来的な資産価値には大きな差がでてくるというわけです。

コンテンツの蓄積

ブログを成功させる為には継続がとても重要になるわけですが、その理由は継続すればするほど資産となるコンテンツが蓄積されてアクセス数も増えてくるからです。

1000記事とか2000記事とか、価値のあるコンテンツが増えれば増えるほどどんどんアクセス数も増え、ブログの影響力や資産価値が上がっていくのです。

実際僕のブログでも、1年前に書いたたったの1記事が未だに毎月何万PVももたらしてくれています。

そんな資産となる記事を日々増やしていけるのがブログというメディアです。

3.自由にブランディングができる

自分のブログメディアですから、自分の好きなように情報発信ができ、好きなようにブランディングができます。

おしゃれなブログにすることも、面白いブログにすることも、真面目なブログにすることもできます。

ブログなら自分の「色」がだせるんです。

そこには変な制約もなければ規約もありません。

デジタルマーケティングをする上で、自分の製品やブランドのUSPをしっかりアピールしていくことは必須です。

その独自のUSPをアピールしやすいのがオリジナルのブログメディアなんです。

ブランディング

自分が発信したい情報を自由に発信し、製品やブランドを認知してもらうにはオリジナリティのあるブログメディアはデジタルマーケティングにおいては重要な役割を果たします。

有名ブランドのホームページはどこもこだわって作られていますよね。

そこにそれぞれのブランドの色がでていて、「あ~こんな感じのブランドなんだな」ってなんとなくわかると思います。

これは有名ブランドだけの話ではなく、個人にも当然当てはまる話です。

個人ブログだろうが、企業のメディアだろうが、自分独自のオリジナリティを出していくことでよりデジタルマーケティングは更に加速していきます。

4.失敗がない

ブログというのはやればやるだけしっかり成果がでます。

もちろん、人によって成長スピードや成果の大きさは異なりますが、それでも間違ったやり方さえしなければ間違いなく成果がでると言っていいと思います。

なぜなら、しっかり価値のある記事を毎日1記事ずつでも書いていけば必ずアクセスは増えてくるからです。

もし仮に誰も読んでくれない記事を書いてしまったとしても、決してマイナスになることはありません。

その記事がダメだったとしても、また新しい記事をどんどん追加していけばいいのです。

精度を高めながらコンテンツ制作を繰り返していけば、必ず結果はついてきます。

イメージは「筋トレ」に近いかもしれません。

筋トレ

 

例えば筋トレをサボらずに毎日続けていけば、数ヶ月後には必ず成果がでているはずです。

これと同じように、地道な努力の積み重ねが必ず成果となって返ってくるのがブログです。

毎日1記事誰かにとって価値のあるものを投稿し続ければ、必ず数ヶ月後には成果が出始めているはずです。

そういった意味でブログには失敗がないといっても過言ではありません。

1記事がダメでもそれがマイナスになることはなく、どんどん新しい記事を投稿し続ければ必ず成果はついてきます。

5.相乗効果を生み出す

ブログでは自由にあらゆるメディアのコンテンツを利用することができます。

例えば、こんな感じでTwitterと連動させたり、

YouTubeと連動させたり、

Facebookと連動させたり、

 インスタグラムと連動させたり、

 

#東京タワー

hiroki suzukiさん(@hirokisuz)が投稿した写真 –

ほぼ全てのメディアと連動させることができ、それぞれのメディアに相乗効果をもたらすことができます。

ブログからTwitter、ブログからFacebookなど、ブログを中心にあらゆるメディアにも興味を持ってくれる人が一定数出てくるのです。

普段はブログよりもTwitterを見ることの方が多い人もいれば、YouTubeなどの動画を見ることの方が多い人もいます。

twitterしか見ない層、Facebookしか見ない層、インスタグラムしか見ない層、Youtubeしか見ない層というのは必ず一定数はいます。

デジタルマーケティングで大事なのはそういった層にも情報をリーチさせることです。

その為にブログにあらゆるメディアを連動させておくことで、それぞれの好みに合ったメディアを選んでもらう為のかけ橋的な存在になるのです。

ブログを使えばあらゆるメディアに相乗効果をもたらすことができるのです。

6.24時間稼働し続ける

インターネットというものは基本的には24時間365日フル稼働しています。

なので、朝方に利用する人、昼間に利用する人、深夜に利用する人など、全ての時間帯でインターネットが利用されます。

これは言いかえると「時間的な制限がない」ということになります。

例えば一般的なお店は朝開店して夜閉店をします。

商品が売れるのはお店が開いている間だけです。

しかし、インターネットではこのような時間的な制限がなく、24時間常にお店が開きっぱなしになっているようなものです。

それも人件費やら光熱費やらはかからずにです。

24時間売り上げが上がる

実店舗が仮に1日8時間開いているとしたら、単純に時間効率でいうとブログは3倍も効率がいいことになるわけです。

実際僕のブログも、僕が寝ている間も、ご飯を食べている間も自動的に収益を上げ続けてくれています。

こんなことが可能なのもインターネットでブログを24時間公開しているからなのです。

自分が働いた時間以上にレバレッジがきくのもブログの大きなメリットと言えます。

7.一人でも多数の人に対してビジネスが可能

ブログならたったひとつのコンテンツを何万人という人に届けることができます。

たったひとつのコンテンツが何万人という人に見られるということは、一人でもそれだけの人数を相手にビジネスができるということです。

実店舗では通常一組のお客さんに対して一人のスタッフが接客をすると思います。

しかし、ブログなら一人が書いた記事で何万人という人達を相手にすることができるんです。

対応できる人数は無限

実店舗の場合は一人のスタッフで何万人という人を相手にすることはできませんし、そもそもひとつのお店に何万人という人が入ることすらできません。

しかし、ブログならそういった制限は一切ありません。

例えば、何かの商品の販売ページを用意しておけば、あとはそのページが勝手に何万人という人達を相手に接客をしてくれるわけです。

その販売ページから商品が成約していけば自動的に商品がどんどん売れていくということです。

ブログなら対応人数に対する限界がないので、労力以上のリターンが得られるのです。

8.場所の制約がない

ブログはインターネットを使うものですから、当然場所的な制約が何もありません。

ネット環境のある所なら世界中どこにいてもブログへのアクセスが可能です。

これはつまり世界中の人が顧客になり得るということでもあります。

地元の商店街にお店をオープンさせたら、当然その地域の人しかお店にくることはありません。

しかし、ブログなら地域は一切関係なく、どこからでもアクセスすることができるのです。

場所の制限がない

圧倒的にパイの大きさが違うので、当然マーケティングも上手くいきやすいですし、売上も上がりやすくなります。

例えば何かの商品を販売したとして、たまたま同じ地域にはそれを欲しいと思う人がいなかったとしても、全国には何人か欲しいと思う人がいたりします。

商品が欲しいお客さんと販売者をピンポイントで結び付けてくれるのがインターネットを利用したブログなんです。

地元のフリーマーケットに出しても売れなかった不用品でも、インターネットで販売すれば売れるのは、まさにこの構図があるからです。

9.金銭的なリスクが圧倒的に低い

ブログはとにかく圧倒的にリスクが低いです。

それは金銭的な面も同様です。

ブログにかかる費用というのは最初はドメイン代とサーバー代くらいなもので、大体月に1,000円程度です。

これだけの金額で全世界に対してビジネスが仕掛けれられて、大きなリターンを得られるものってそうそうないと思います。

もちろんお金をかけようと思えば、ブログデザイン、広告費、外注費などいくらでもかけれます。

ただし、それはしっかりビジネスとして回り出したらで本気で考えればいいですし、ビジネスとして回り出している頃には金銭的なリスクどうこう言っていることもないと思います。

ブログを使ったビジネス、マーケティングは圧倒的にローリスクハイリターンであると言えます。

10.自動化が可能

ブログでは多くの部分を自動化させることができます。

そうすることで、より労力以上のリターンを得ることができるようになるのです。

例えば、ブログを使えば「自動的に顧客を集め続ける」なんていうこともできます。

僕のブログには「CTA(コールトゥアクション)」と言われるものが全ての記事下についていて、記事を更新すればするほど自動的にメルマガ読者が増えていく仕組みになっています。

CTAとは、Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、「行動喚起」と訳される。 Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導すること。

顧客が増える

記事下にあるCTAから一定数の読者がメルマガに登録してくれるわけです。

僕が読者一人一人に何かをするわけではなく、仕組みを作って自動化をしています。

このような自動化する仕組みを作れるのもブログの大きな特徴の一つです。

他にも、自動的に読者が興味のありそうな関連記事を表示させたり、自動的に広告を表示させたりすることもできます。

まとめ

ということで、デジタルマーケティングをするならブログを使うべき10個の理由は以下のようになります。

  1. ブログがWEB上の母艦となる
  2. 資産になる
  3. 自由にブランディングができる
  4. 失敗がない
  5. 相乗効果を生み出す
  6. 24時間稼働し続ける
  7. 一人でも多数の人に対してビジネスが可能
  8. 場所の制約がない
  9. 金銭的なリスクが圧倒的に低い
  10. 自動化が可能

こういった理由からブログは間違いなくマーケティングに使うべきです。

是非何かしらの商品やサービスを販売したい、ブランディングをしていきたい、というのであればブログを活用してみて下さい。

やればやるだけ必ず成果がでること間違いなしです。

hiroki
ブログはやればやるだけ成果がでるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hiroki

月間20万PVのメディアを運営したりなんやかんやしたりしてます。サッカーと音楽とトイプードルが好き。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」など