Googleが定義する質の高いコンテンツとは?23項目をチェックしよう!

どうも、hirokiです。

近年、ブログでは「コンテンツの質」という部分が非常に重要視されるようになってきました。

というのも、コンテンツの質こそがSEO対策をする上では最も重要なファクターとなってきたからです。

ユーザーのニーズを満たす質の高いコンテンツであればあるほど検索結果で上位に表示されやすくなります。

検索結果でなるべく自分のブログを上位に表示させる為にもなるべく質の高いコンテンツをブログで提供していくことはとても大切です。

そこで重要になるのが、「じゃあ質の高いコンテンツって何?」という部分をしっかりと深堀りして理解していくことです。

「検索エンジンに評価をされる質の高いコンテンツとは?」

この疑問の答えを導くには、検索エンジンのアルゴリズムを作っている大元であるGoogleが定義する質の高いコンテンツの条件を理解していく必要があります。

そこで、今回はGoogleが定義する質の高いコンテンツとはいったいどのようなものなのかを紹介していきます。

あなたのブログはGoogleが定義する質の高いコンテンツになっているかどうかチェックしてみましょう。

おすすめ記事

ブログを月間10万PVまでアクセスアップさせる為の全手法
こんにちは、hirokiです。 せっかくブログを運営していくのであれば、できるだけたくさんのアクセス数を獲得していきたいと思う方も多...
WordPressでブログサイトを作成する方法と使い方まとめ
こんにちは、hirokiです。 WordPressを使って本格的にブログを作ってみたいけど、いまいち作り方がわからないという方も多いと思います...

Googleが定義する質の高いコンテンツにする為にチェックすべき23項目とは?

Googleが定義する質の高いコンテンツに当てはまるかどうかチェックする

Googleはあらゆる複雑なアルゴリズムを駆使して星の数ほど存在するWEBサイトを一つずつ評価しています。

そしてその評価値を元に実際に検索結果に表示される順番を決定しています。

そんなGoogleが実際に使っているWEBサイトの評価基準の内、重要となる23項目を公開してくれています。

つまり、ここで紹介する23個のチェック項目はGoogleが実際にサイトを評価する際に使用している指標の一部ということです。

ここで紹介する23個のチェック項目をクリアしていくことができれば、自然とあなたのブログはGoogleからの評価値が上がり、結果的に検索結果でも上位表示されるようになるということです。

本気で質の高いコンテンツ制作を目指している方は、これら23個の項目をクリアできているかチェックしてみましょう。

  1. あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  2. この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  3. サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  4. あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  5. この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  6. このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  7. この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  8. 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  9. コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  10. この記事は物事の両面をとらえているか?
  11. このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  12. 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
    ・コンテンツが外注などにより量産されている
    ・多くのサイトにコンテンツが分散されている
  13. 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  14. 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  15. サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  16. 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  17. 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  18. ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  19. 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  20. 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  21. 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  22. ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  23. このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

これがGoogleが定義する質の高いコンテンツにするためのチェック項目です。

23個すべての項目を全て満たすのはなかなか難しいですが、なるべく多くをクリアするように意識することは大切です。

それでは「各項目をどのようにクリアしていけばいいのか?」という視点からポイントを解説していきます。

1.あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

自分で書いた記事を読み直して、客観的に信頼できる内容になっているかどうかをチェックしてみましょう。

記事の内容があまりにも信頼性に乏しいと、読者はその記事を読み進めてくれることはありません。

信頼できる情報にする為には、まずはしっかりとその記事の内容に対して下調べをして、内容に間違いがないかどうかを確認しましょう。

更に信頼感を出す為には、なるべく「根拠」「証拠」「データ」「ソース」などを提示してあげることが大切です。

自分の主観だけで記事を書くよりも、根拠となるデータや証拠などが記事に記載されている方が信頼感が大幅にアップします。

2.この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

Googleはより専門的で詳しいコンテンツを好みます。

その為、その分野に詳しい専門家が書いた記事のようなクオリティであることが望ましいとしているのです。

自分の記事を見返してみて、「更に詳しく説明できそうな個所はないか?」「更に追加で説明が必要な部分はないか?」をチェックしてみましょう。

そういった個所を更に詳しく深堀りしていけば自然と専門的な記事にしていくことができます。

3.サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

自分のサイト内にほとんどキーワードが同じの類似コンテンツがあると、ペナルティをくらってしまう可能性があります。

以前同じような記事を書いて、もう一度似たような記事を書く際は注意が必要です。

そのような場合は新しくコンテンツを作りなおすのではなく、以前書いた似たような記事をリライトするのが効果的です。

似たような記事、重複した記事が同一サイト内に存在しなようにしましょう。

4.あなたはこのサイトにクレジットカード情報を安心して提供できるか?

クレジットカードの情報をサイトに入力してくれるというのはそれだけ読者がそのサイトを信頼をしてくれているということです。

読者がそれだけそのサイトを信頼をしてくれるということは、すなわちサイトの品質も高いと判断できます。

自分だったら自分のブログ上でお金を出して商品やサービスを買えるかどうか?という視点を客観的に持っておくことが大切です。

読者から信頼されるサイトにする為には

  • 高いセキュリティ
  • 高品質なサイトデザイン
  • 信頼のおける実績やブランド

などが必要になってきます。

どれも簡単なことではありませんが、少しでも読者から信頼してもらえるようにアクションを起こしていくことが大切です。

5.この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

記事の中に誤字脱字が多いと、それだけで読者は混乱してしまい記事に対する信頼感を失ってしまいます。

また、誤字脱字があると狙っていたキーワードとずれてしまうなんていうことにもなりかねません。

「iPhone」と入力すべき所を「ipone」と入力してしまうと、「iPhone」というキーワードでは引っ掛からなくなってしまう可能性がでてきます。

これはもったいないですよね。

人間ですから多少のミスはしょうがありませんが、大事なのは完成した記事を必ずプレビューで読み返して誤字脱字に気がつき修正をすることです。

ミスに気がつけば修正することができますが、気がつかなければ永遠にそのままの状態になってしまいます。

その為にも完成した記事は必ず誤字脱字をチェックしながら読み返すようにしましょう。

また記事の内容について「事実かどうか怪しい」ということがあるのであれば、自分が納得するまでしっかり調べた上で記事にしていきましょう。

6.このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

Googleは「ユーザーニーズを満たす」ということを第一優先に考えて検索エンジンのアルゴリズムを作っています。

その為、記事を作成する際の順序としては「ユーザーニーズがある⇒そのニーズを満たす記事を書く」という順番が本来あるべき順番であるとしています。

検索エンジンの上位に表示させることを目的にするのではなく、なるべく多くのユーザーニーズに応えることを目的にするべきということです。

自分が書いた記事はターゲットとするユーザーのニーズを満たせるようなものになっているかどうか?をチェックしてみましょう。

7.この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

記事には必ず「オリジナリティ」がなければいけません。

酷い場合だと他のサイトに書いてあるようなことをコピーしているサイトもありますが、それはGoogleからペナルティをくらうだけなのでしないようにしましょう。

質の高い記事として大事なのは独自の記事を提供することです。

あなた独自の記事が読めるからこそ、あなたのブログを読む意味があるのです。

自分の書いた記事が他のライバルサイトには無いオンリーワンの記事になっているかどうかをチェックしてみましょう。

8.同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

自分が狙ったキーワードでは必ず一度検索をしてみましょう。

するとそのキーワードで人気のあるライバルのコンテンツが検索結果の上位に表示されているはずです。

その上位に表示されているサイトと自分の記事を比較して、自分の記事の方が質が高いかどうかチェックしてみましょう。

  • 情報量で勝つ
  • 信頼性で勝つ
  • 独自の視点で勝つ
  • わかりやすさで勝つ
  • 見やすさで勝つ
  • 専門性で勝つ

など、どんな切り口でもいいのでライバルサイトに勝てているかどうかをチェックしましょう。

9.コンテンツはきちんと品質管理されているか?

コンテンツの品質管理というのは色々な意味合いがありますが、個人的に重要だと感じるのは以下のポイントです。

  • 情報は古くないか?
  • 情報は正しいか?
  • 記事内のリンクなどは正しく機能しているか?
  • ページの読み込みに時間がかかり過ぎていないか?
  • PC、スマホなどのあらゆるデバイスから見ても見やすくなっているか?
  • 表示が崩れている個所などはないか?
  • 画像の使い方は適切か?

などを確認してコンテンツの品質が保たれているかどうかチェックしてみましょう。

いくら質の高い良い記事を書いても、このようなコンテンツの品質管理ができていないと全く読まれない記事になってしまいます。

せっかく気合を入れて記事を書いたのであれば、それと同じくらい品質管理も徹底していきましょう。

10.この記事は物事の両面をとらえているか?

あまりにも主観的な記事の場合、物事の一方しか捉えずに記事を書いてしまうこともあります。

個人的にはそれはそれで面白いコンテンツになる可能性はあると思っていますが、Googleではできる限り物事の両面を捉えた記事の書き方がベターであるとしています。

ネット上に記事を公開するということは色々な考え方の人に記事を読まれる可能性があるということです。

その為、あまりにも物事の一方しか捉えずに記事を書くと「炎上」などを起こしてしまうこともありますので注意しましょう。

11.このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

ブログやサイトを運営していくのであれば最終的な目標は「この情報ならこのサイト」とユーザーに認知してもらうことです。

  • iPhoneならこのサイト
  • アプリならこのサイト
  • 節約ならこのサイト

このように認知されるようになれば、ユーザーの信頼感も益々上がっていきます。

このように認知してもらうためには、その分野に関する質の高い記事をよりたくさんブログに書いていくことが必要になります。

iPhoneについて10記事書いているブログよりも、iPhoneについて1000記事書いているブログの方が「iPhoneならこのサイト」と認知してもらいやすいですよね。

サイト運営をするならその分野のオーソリティになるくらいの気持ちでやっていきましょう。

12.次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

コンテンツが外注などにより量産されている

コンテンツを外注することは必ずしも悪いことではないと思いますが、問題なのは外注に頼り過ぎると高い品質を安定して保つことが難しくなる点です。

質の高いコンテンツもあれば、質がやや低いコンテンツもでてきてしまうことから、外注だけに頼り過ぎるのはリスキーと言えます。

多くのサイトにコンテンツが分散されている

多くのサイトにコンテンツを量産するよりも、一つのサイトにわかりやすく情報をまとめた方がGoogleからの評価は高くなります。

これは当然と言えば当然で、1000記事を100記事ずつ10個のブログに分散するよりも、1個のブログに1000記事あった方がより専門性が高いサイトとして評価されるからです。

なるべくコンテンツは分散させずに一つのサイトにまとめましょう。

13.記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

急いで雑に作成すれば当然至る所にミスや説明が足りない部分がでてきます。

そのような記事が量産されている状態のブログではなかなか信頼感は上がらずファンも増えません。

「毎日1記事更新しよう!」と意気込む気持ちもわかりますが、気持が空回りして急いで雑な記事ばかりが増えていくことがないようにしていきましょう。

14.健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

健康に関することなど、自分の体について重要な判断をしなければいけない時こそ、サイトの信頼性が問われます。

健康というキーワードだけに限らず、自分のブログはユーザーが重要な判断をしなければいけない時に信頼してもらえるようなコンテンツになっているかどうかチェックしましょう。

 

15.サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

「このブログなら信頼できる」とユーザーに認知してもらうことはとても大切です。

このブログなら信頼できると思ってもらえれば、ソースとしてリンクを貼ってもらえることも多くなりますし、紹介してもらえることも多くなってきます。

自然な被リンクも増え、結果的にはとても有効なSEO対策になります。

その為には全ての記事を信頼できるクオリティにしていくことが必要となります。

16.記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

質の高い記事では記事の全体像がある程度わかる説明がされます。

例えば記事の目次を用意して記事全体ではどんな内容について書いているのかをわかりやすくしたり、記事冒頭でこの記事を読むことでどんなことを知れるのかを説明してあげたりすることが大切です。

いずれにせよ、「この記事にはどんなトピックがあり、どんなことが知れるのか」ということを明確に読者に伝えてあげることがユーザー満足度に繋がるということです。

読者が期待していたようなことが知れなかったと思われないように工夫をしていくことが大切です。

17.記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

ほとんどのユーザーが当たり前のように知っている事だけを記事にしても、そこに新しい発見はなくそれほど質の高い記事にはなりません。

ユーザーは当たり前のことが知りたいのではなく、自分が知らない新しいことを知りたいからこそ検索をします。

自分が知らない新しいことを知りたいというユーザーニーズに応える為には、当然当たり前のことばかりを記事にしていてはいけないのです。

当たり前の所から更に一歩も二歩も踏み込んだ内容になっているかどうかチェックしてみましょう。

18.ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

質の高い記事を作る為に、自分の中の目安として「その記事を家族や友人に紹介できるか?」という視点を持つのも非常に有効です。

この意識を持つだけでも、記事を書く際に妥協しずらくなります。

家族や友人に見られてもはずかしくない質の高い記事は、当然第三者から見ても質の高い記事となります。

「この記事なら自信を持って紹介できる」と思えるようにしっかりと作りこみましょう。

19.記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

当然ですが、読者は「記事を読みに」あなたのブログに訪れています。

それにもかかわらず、メインコンテンツを邪魔するほどの広告が設置されているようなブログも存在します。

スマホの画面いっぱいに邪魔な広告が表示されていたり、下にスクロールしても広告ばかりでメインコンテンツになかなか辿り着かないようなサイトってたまにありますよね。

メインコンテンツを邪魔するほどの広告が設置されているようなサイトでは、読者は何度もそのサイトを訪れたいと思わないですし、結果的にファンが離れていってしまうことになります。

あなたのブログも広告を過剰に表示させ過ぎていないかチェックしてみましょう。

20.記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

ブログ記事を書く時は、「その記事をそのまま書籍にできるくらいの質にしよう」と意識すると非常に高いクオリティになります。

実際ブログに人気がでてくると、ブログ記事が書籍化されることも良くある話です。

将来的に書籍化することを見越しながら、書籍化されても恥ずかしくいようなクオリティにしておきましょう。

もしくは「書籍化する為にブログ記事を書く」という視点で記事を書いていくこともとても有効な記事の書き方です。

21.記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

内容が薄かったり、役に立つ内容がなければ、当然質は高いとは言えません。

自分が記事内でとりあげたトピックについて、深い内容になっているか?読者が新しい発見を得られるものになっているか?をチェックしましょう。

22.ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

質の高い記事は当然ながらページの細部までしっかりと配慮と注意がされています。

「ページの細部」とは、例えば、

  • 句読点などの使い方は間違っていないか?
  • 記号の使い方は間違っていないか?
  • 改行の仕方は間違っていないか?
  • 言葉足らずの部分はないか?
  • タグやカテゴリーの設定は適切か?

など、細かな部分に対しても十分配慮されているかチェックしてみましょう。

23.このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

記事を呼んだユーザーが不満を言うということは、記事に対して満足してもらえなかったということです。

記事に対して読者から批判的なコメントが来ても、真摯に受け止めて次の記事では改善をしていくようにしましょう。

このような改善を繰り返していくことで、どんどん記事の質は高くなっていきます。

最終的には読者からの不満の声よりも、満足してもらえた声が多くなるようにしていけばいいのです。

まとめ

それでは再度Googleが定める質の高いコンテンツにする為にチェックすべき23項目を確認しておきましょう。

  1. あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  2. この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  3. サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  4. あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  5. この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  6. このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  7. この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  8. 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  9. コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  10. この記事は物事の両面をとらえているか?
  11. このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  12. 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
    ・コンテンツが外注などにより量産されている
    ・多くのサイトにコンテンツが分散されている
  13. 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  14. 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  15. サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  16. 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  17. 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  18. ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  19. 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  20. 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  21. 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  22. ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  23. このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

これらすべての項目をクリアするのはなかなか難しいですし、僕自身も全ての項目をクリアできているわけではありません。

しかし、できる限りクリアできるように努力をしていくことで結果的に記事の質は向上していきます。

まずは質の高いコンテンツとなるGoogleの判断基準をしっかりと理解し、その判断基準のもとコンテンツを作っていくことが大切です。

hiroki
頑張ってGoogleの判断基準に寄せていこう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    hiroki

    月間20万PVのメディアを運営したりなんやかんやしたりしてます。サッカーと音楽とトイプードルが好き。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」など