アディショナルタイム9分?アルゼンチン1部リーグの大逆転劇が物議

サッカーの試合には「アディショナルタイム」というものがあります。

試合中にゲームが進まなかった時間を追加タイムとして45分終了後にプラスをするシステムです。

このアディショナルタイムは大体多くても5分くらいなのですが、なんとアルゼンチン1部リーグのラヌース対アルセナル・サランディ戦で9分もとったことが物議を醸しています。

しかも、このアディショナルタイムの間に2-1と負けていたチームが2点を取って逆転してしまったというのだから余計にややこしいことになっています。

アディショナルタイム9分の試合の様子

個人的な感想

動画を見る前は「あきらかに買収かなんかかな?」なんて思ってましたが、動画を見たら意外となんてことのない感じがします。

まず、アディショナルタイムは当初から5分になっていたので、試合全体を見ていないのでわからないですが、おそらくロスしている時間はもともと多くあったのでしょう。

なのでアディショナルタイムが5分であること自体は正当ですし、よくあることです。

そして、アディショナルタイム5分が経過する前に負けていたチームが同点に追いついてます。

なのでこれ自体は全然問題ない正当なゴールです。

ここで、同点に追いつかれたチームの監督が暴れ出したことで、「アディショナルタイムのアディショナルタイム」が発生します。

この審判は「この妨害によって試合が進まなかったのでアディショナルタイムを更に1分追加した」と言っているようです。

なので、同点となった後も「更に1分」試合を続けさせました。

これも至って普通の対応です。

この1分で負けていたチームが逆転ゴールを奪い、逆転されたチームが一気に審判に襲い掛かります。

っていう流れなのですが、審判の対応自体は至って普通な感じがします。

逆転されたことの怒りが5分で2点もとられる自分たちのチームではなく、全て審判に向いてしまっている感じがしますね。

アディショナルタイムが5分と確定した段階で、5分間耐えられなかったのが全てです。

と、思ったら・・・

その後、アルゼンチンサッカー協会が「アンドレス・メルロス審判を活動停止処分にした」と発表したようです。

AFAのツイッター

えぇー!?

ってことはやはり処分に値する何かがあったということなんですかね。

この動画を見ただけの感想ではかわいそうな感じもしますが・・・

まとめ

僕も1~2回ですがサッカーの審判をやったことがありますが、本当に難しいですよ。

あの広さのコートで一瞬で的確に判断しなければいけません。

テレビのように上から見たり、スロー再生が見れるのとはわけが違うので、ある程度の判断ミスは仕方ない感じもします。

審判によってドラマが生れるのもサッカーの一つの醍醐味ということで!

hiroki
頑張れ審判!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hiroki

月間20万PVのメディアを運営したりなんやかんやしたりしてます。サッカーと音楽とトイプードルが好き。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」など