2017年は鹿島アントラーズみたいな感じでいきます

明けましておめでとうございます。hirokiです。

ついに2017年になりましたね!いや~はやい。

この前2016年になったばかりだと思ってましたが、もう2017年ですか。

で、2017年の干支は酉年です。

酉年の「酉」は「にわとり」を指すそうです。

そして酉年は「商売繁盛の年」とも言われているみたいなので、今年はみんなの商売が繁盛すること間違いなしですね。

2017年はレアルマドリードに挑む鹿島アントラーズみたいな気持でいきます

2017年はヨーロッパチャンピオンのレアルマドリードに挑んだ鹿島アントラーズみたいな感じでいこうと思います。笑

前評判では5-0でレアルが勝つとか言われていましたが、そんな前評判を覆して、一時はあのレアルマドリードから2点を奪って逆転し、あわや逆転勝ちというところまで持ち込みました。

結果的にはその後PKによって追いつかれて、90分では2-2のドロー、そして延長戦で選手層の厚さの違いがでて2点を決められ負けましたが、かなり善戦したと言っていいと思います。(というか審判がセルヒオ・ラモスにちゃんと2枚目のイエロー出してれば鹿島勝ってたかもなのに……!くやしす!)

で、要するに何が言いたいのかというと「圧倒的な強豪に勝負をかけて勝ちにいきたい」っていうことです。これが2017年のテーマです。

「いや、鹿島結果的に負けてるやん」って言われるとそうなんですが、あくまで「姿勢の部分」です。「圧倒的な強豪に勝負をしかけて本気で勝ちにいく姿勢で頑張る」っていうことです。

圧倒的な強豪に勝負をしかける

圧倒的な強豪に勝負をしかけるというのは、今の僕に置き換えると「強豪がひしめくジャンルでブログを頑張ってみよう」っていうことです。

その強豪がひしめくジャンルというのはズバリ「FX」です。

元々僕はFXのブログも以前はやっていたのですが、長いこと閉鎖状態にしていました。長いこと閉鎖状態にしていたので久々に見てみると当然アクセス数はゼロになっていました…。

そんなFXブログを2017年はもう一度ゼロから再開させてみようと思ったわけです。

で、ザッとライバルチェックをしてみるとまぁこのジャンルは当然ながら強豪ぞろいなわけですよ。レアルマドリードやらバルセロナやらバイエルンやらアーセナルやらパリサンジェルマンやら、もうチャンピオンズリーグ状態なわけです。

そこに鹿島アントラーズが参戦しようというわけです。

なぜ鹿島アントラーズがチャンピオンズリーグに参戦しようと思ったのか

※完全にサッカーの話みたいになってますがブログの話です

今回なぜ強豪がひしめくチャンピオンズリーグに参戦しようと思ったのかというと、いくつか理由があります。

リスク分散

まずはリスク分散の意味もあります。

このブログとは別にロングテールでヒットし続けるようなブログが欲しかったっていうのもあります。

収入源を増やす

そして収入源を増やすということも一つの目的です。

今まであまり力を入れてこなかったアフィリエイトというところにも力を入れていこうと思います。

アフィリエイトで安定した収益を生み出せるようになればもう少し使える時間が増えると思ったからです。

自分のスキルを試してみたい

そして最も大きな理由として今の自分のスキルを試してみたいというのがあります。

以前僕がFXのブログを運営していたころと、今の僕のレベルは全く別ものなので、今のスキルでどれだけ通用するのか試してみたいと思いました。

自分にスキルがついてくると強豪と対戦してみたくなるもんですよね。

まとめ

まぁどうなるかはわかりませんが、FXというのは元々好きなジャンルでもあり、知識も実績もある分野なので、今の自分のスキルがあれば強豪にも立ち向かえるんじゃないかな~となんとなく漠然と思っています。

それにブログの良い所は仮に上手くいかなかったとしても損失はほとんどないことです。だからこそ失敗を恐れずに全力でいけます。

途中の経過報告などはちょくちょくこのブログでやっていこうかと思っています。

さぁ果たして鹿島アントラーズはチャンピオンズリーグで優勝できるのか?

※もう一回言いますが、サッカーの話じゃなくてブログの話です

ちなみにそのFXブログは『hirokiのFXブログ』です。まだまだ全然記事が少ないですが、これからちょくちょく追加していきます。興味のある方は是非遊びに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hiroki

月間20万PVのメディアを運営したりなんやかんやしたりしてます。サッカーと音楽とトイプードルが好き。主な著書に「ブログに書くことがない!と思った時に読む本」など